子ども英語クラブ「Teddy Bear Club」 News

http://www.geocities.jp/teddy_bear_club/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

St.Valentin's Day

2月14日はバレンタイン・デーです。子ども達は日本での慣習になっている女の子から男の子に「好き!」と告白する日だと頭にインプットされているので、クラブでお互いにカードを作って交換しようという試みをした時は、男の子達からは「えー、ぼく達も作るのぉ」とか、女の子達からは「えー、わたし達(男の子達に向かって)別に好きじゃない~~」なんて言ったりしていました。
でも、女の子が好きな男の子にチョコレートを送るのは日本だけの習慣で、アメリカではお互いにカードやお花、お菓子などを交換したりするのだと話しました。こういう異文化を体験できるのも、英語を学習している良い点ですね。

そういうバレンタイン・デーの様子を子ども達に教えるのに良い方法はやはり絵本だと思います。バレンタイン・デーの様子を、例えば学校ではどのようにこの日を過ごしているのかなど絵本を通して教えることができます。

Donnaにバレンタイン・デーの時にはどう過ごすの?と聞きましたら、「夫にはDVDを買ってプレゼントするわ。彼が欲しがっていたDVDがあるの。カードもつけてね。彼は多分お花をプレゼントしてくれるのではないかな。」と言っていました。「昔、結婚前にデートしていた時は彼はハートの形のチェコレートをプレゼントしてくれたんだけど、中に何か入っているチェコレートだったの。わたしはチョコレートの中に、ヌガーとか、ナッツとか何か入っているチョコレートが苦手なの。だから結局そのチョコレートは彼が食べたわ。」と言って笑いました。

小学校では子ども達はクラス全員分のカードをその日は持って行くそうです。そして自分の名前を書いた白や茶色の紙袋を持って行って、教室の自分の机に置いておくそうです。そして自分で持ってきたクラスの友達へのカードはそれぞれに紙袋に入れていくのだそうです。クラス全員分作らなければならないので、25人クラスだったら25枚(先生分も含めて)用意しなければならないので、市販のカードを使うことが多いそうです。ディズニーキャラクターのバレンタイン用のカードなどが市販されているので、そういうのをみんな使っているそうです。

クラブでは「Dear ****」そして「Happy Valentine's Day!」とか「Will you be My Valentine?」などとカードに書かせます。また子ども達がそれぞれきれいに飾り付けをしてクラスの友達にプレゼントします。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/08(木) 10:06:12|
  2. Holiday
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Biggest Valentine Ever

The Biggest Valentine Ever The Biggest Valentine Ever
Steven Kroll (2006/01)
Cartwheel Books

この商品の詳細を見る
  1. 2007/02/07(水) 07:56:31|
  2. Story book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。